社会福祉法人昴会の理念と基本方針

私たちの仕事は、単に、できないところを介助や支援をすることではありません。また、私たちの仕事の対象は、知的に障害を持つ「人(利用者)」ではありません。

私たちの目の前では、「人(利用者)」が当たり前の暮らしをしている姿があります。なので、私たちの介助や支援は、その「人(利用者)」の暮らしを豊かにすることにつながるものでなければなりません。その意味で、私たちの仕事の対象は、知的に障害を持つ「人(利用者)の暮らし」だと思っています。

そこで、社会福祉法人昴会は、以下のような基本理念(10の視点)と基本方針を掲げました。

基本理念

『生き生きとした暮らしの実現』

基本方針 大切にしたい支援の視点

1) 自分で選び自分で決めること

自分で意思決定ができるように、様々な取り組みや工夫、配慮を行います。

2) できることは自分で行うこと

無理強いではなく、自分でやろうとする気持ちを育むことができるような関わりをします。

3) 生活の場に良き理解者がいること

どんな時でも、利用者の立場にたって考え、関わります。

4) 仲間がいること

一緒に喜び、一緒に悩み、考えることができる仲間に囲まれる生活になるように支援します。

5) 生活に" めりはり" があること

介助や関わり、生活の日課や環境が単調にならないように努めます。

6) やりたいことができるお金があること

できるだけ多くの工賃支給ができるように努めます。

7) 安心して生活できる環境があること

危険のない安全な住環境や活動する環境を整えるとともに、
安心・信頼して関わっていただけるような職員になるよう努めます。

8) 家族とのつながりがあること

大切な家族との関係が薄れ失わないように、家族との" 橋渡し" に努めます。

9) 地域とのつながりがあること

生活をしている地域の中で孤立しないように、地域との" 橋渡し" に努めます。

10) 心身ともに健康であること

自分の能力を充分に発揮できるように、心と体の健康に配慮をしながら支援を行います。

10の視点を支える

虐待の防止 昴会虐待防止マニュアル
具体的関わりの方法 支援・関わりマニュアル
専門性を高めるための機会の充実 研修体系

法人の概要

名称 社会福祉法人 昴会
設立 1990年(平成2年)10月6日
代表者 理事長 安富 恒
役員 理事6名/監事2名
評議員 7名
所在地 〒431-1102 静岡県浜松市西区大山町3133番地1
電話番号 053-439-5137
運営施設
職員数 合計74名(正職員45名/非常勤職員25名/嘱託職員4名)
定款 社会福祉法人昴会 定款
報酬規程 社会福祉法人昴会 評議員・役員報酬規程

事業の沿革

1991年
(平成3年)
8月
「四季の郷」開所。旧浜松市で最初の知的障害者入所更生施設として開所しました。定員は入所50名、短期入所4名でのスタートでした。後の平成18年には、短期入所の定員を8名に増員しました。
2002年
(平成14年)
10月
「第一大山荘」開所。大山町東大山区住宅地中に新築され、今日まで、地元住民のご支援の元で入居者の生活がなされています。定員5名。
2006年
(平成18年)
10月
「四季の郷」で宿泊が伴わない短期利用事業として「日中一時支援事業」がスタート。同時期に相談支援事業を開始しましたが、「すばる」の名称で浜松市委託相談支援事業を開始したのは平成19年度からになります。
2008年
(平成20年)
4月
旧細江町手をつなぐ育成会が運営していた「細江あすなろ作業所」が昴会に合流し、20名定員の就労支援施設として再スタートしました。後の平成23年4月からは生活介護事業所に指定変更。
2009年
(平成21年)
9月
「第二大山荘・第三大山荘」開所。定員は6名ずつ。入居者の中には、四季の郷からの移行した男女3名ずつの利用者が含まれています。
2011年
(平成23年)
4月
「大山ファーム」事業開始。基本コンセプトのひとつに農業での就労支援・就労訓練を掲げ、本体施設の隣にミニトマトの水耕栽培を行うビニールハウスを設置しました。就労移行支援6名、就労継続支援B型16名の定員。平成24年4月からは、就労継続支援B型の定員を22名に増員。
2017年
(平成29年)
4月
「アグリッシュ西丘」事業開始。館内のLED水耕栽培と近くの畑での野菜栽培をメインに、就労支援を行っています。また、別の部屋ではリサイクル作業も行っています。深い緑色の壁が特徴の工場のような建物です。就労継続支援B型の定員は20名。

事業報告・財務報告

平成29年度 事業報告 社会福祉法人昴会    
平成29年度 財務報告 貸借対照表 資金収支計算書 事業活動収支計算書
財産目録    
 
平成28年度 事業報告 社会福祉法人昴会 四季の郷(短期入所) すばる
第一大山荘 第二大山荘・第三大山荘 大山ファーム
細江あすなろ作業所    
平成28年度 財務報告 貸借対照表 資金収支計算書 事業活動収支計算書
財産目録 監査報告書  
 
平成27年度 事業報告 社会福祉法人昴会 四季の郷(短期入所) すばる
第一大山荘 第二大山荘・第三大山荘 大山ファーム
細江あすなろ作業所    
平成27年度 財務報告 貸借対照表 資金収支計算書 事業活動収支計算書
財産目録 監事監査報告書  
 
平成26年度 事業報告 社会福祉法人昴会 四季の郷 四季の郷短期入所
第一大山荘 第二大山荘・第三大山荘 大山ファーム
すばる 細江あすなろ作業所  
平成26年度 財務報告 貸借対照表 資金収支計算書 事業活動収支計算書
財産目録 監事監査報告書  
 
平成25年度 事業報告 社会福祉法人昴会 四季の郷 四季の郷短期入所
第一大山荘 第二大山荘・第三大山荘 大山ファーム
すばる 細江あすなろ作業所  
平成25年度 財務報告 貸借対照表 資金収支計算書 事業活動収支計算書
財産目録 監事監査報告書  
 
平成24年度 事業報告 社会福祉法人昴会 四季の郷 四季の郷短期入所
第一大山荘 第二大山荘・第三大山荘 大山ファーム
すばる 細江あすなろ作業所  
平成24年度 財務報告 貸借対照表 資金収支計算書 事業活動収支計算書
監事監査報告書    

現況報告

平成30年度 現況報告書 平成30年度 現況報告書
平成29年度 現況報告書 平成29年度 現況報告書
平成28年度 現況報告書 平成28年度 現況報告書
平成27年度 現況報告書 平成27年度 現況報告書
平成26年度 現況報告書 平成26年度 現況報告書

個人情報保護に関する基本方針

社会福祉法人昴会(以下、「法人」という)は、福祉サービス事業を運営する法人として、利用者に安心してサービスを利用していただくためには、利用者やご家族の個人情報を適切に取り扱うことが不可欠であると考えます。そこで、当法人では個人情報保護に関する法律やガイドラインを遵守し、下記の取り組みを行うこととします。

1. 個人情報の取得、利用について

利用者やご家族の個人情報の取得にあたり、利用目的を明示しその目的に必要な範囲の個人情報を取得し、利用目的以外に利用しません。利用目的以外に利用する場合は、改めて利用者の同意を得るものとします。

2. 個人情報の利用目的

■介護・福祉サービスの提供に必要な利用目的

【施設内部での利用】
  1. 利用者に提供するサービス
  2. 障害者自立支援法による請求等の事務
  3. 管理運営業務(入退所等の管理、会計・経理、事故等の報告、当該利用者の福祉サービスの向上)
  4. その他、利用者に係る管理運営業務
【施設外への情報提供としての利用】
  1. 施設業務の一部を外部事業者へ業務委託を行う場合(給食業務委託など)
  2. 他の介護・福祉サービス提供事業者等との連携、連絡調整が必要な場合
  3. 他の介護・福祉サービス提供事業者等からの照会への回答
  4. 利用者の受診等のため、医療機関にケース記録や個別支援計画書を提供する場合
  5. 家族等への心身状態や生活状況の説明
  6. 損害賠償保険などの請求に係る保険会社等への相談または届出等
  7. 費用の請求及び収受に関する事務

■上記以外の利用目的

  1. 福祉サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
  2. 外部監査機関への情報提供
  3. 研修等の実習生やボランティアの受け入れにおいて必要な場合
  4. 福祉の質の向上を目的とした施設内事例研究
  5. 関係行政機関・法的機関への法令に基づく要請に対しての情報提供
  6. 福祉の向上のための公的機関への情報提供
  7. 個人を識別、特定できない状態に情報加工しての教育・研究利用
  • 上記のうち、他の機関への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨を担当窓口へご相談ください。
  • お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取扱わせていただきます。
  • これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更をすることができます。

3. 個人情報の第三者提供

利用者やご家族の個人情報をその利用目的の範囲に沿って、他の福祉サービス提供事業者や外部委託業者に提供すること があります。第三者に提供する場合は、利用者やご家族の同意を得ることとします。また、外部委託事業者に対しては、人情報を適切に取り扱うよう監督を行います。

4. 情報の安全性な管理について

利用者やご家族の個人情報を安全に管理するため、帳票類やデータなどの取り扱い・保管規定を整備し安全な保管に万全の配慮を行います。また、安全な管理に必要な、知識・規定を全職員に周知徹底するため、必要な教育を行います。

5. 個人情報に関する法令や規範の遵守

利用者やご家族の個人情報を保護するため、次の個人情報保護に関する法令や規範を遵守します。
個人情報保護法

  • 「福祉関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」
  • 介護保険法(介護保険法に基づく指定基準を含む)

6. 個人情報保護の継続的改善

上記の取り組みを継続し発展させるために、規定を定期的に見直し、絶えず利用者の意見をお聞きする活動をいたします。

この個人情報保護方針は要望に応じて機関紙等で公表いたします。

社会福祉法人昴会 理事長 安富 恒